チラシの印刷と制作での色の考え方

チラシでは白黒で制作して印刷をしてもらうか、カラーで印刷をしてもらうかなどがありますが、これはどちらでもあまり変わらないようで、やはり、内容が重要になるようです。
ターゲットの側の人から見れば、立派なチラシが欲しいわけではなく、それで色々なメリットが得たいということです。
そうなると、素晴らしい印刷の作品を作っても、コンクールに出品するわけではないので、あまり意味がないということになります。
ただし、色を付けたほうが売れる商品などは、そのほうが効果ができます。
スーパーの折り込みを楽しみにしている人も多いですが、白黒ということはありません。
カラーで出来ています。
また、見る方でもカラーを期待します。
商品を見られるからです。
そうすると購買意欲も高まりますし、現物への期待も高まるということになります。
商店の場合には、色がついている方が商品の見栄えが違ってきます。
ですので、何を広告するかで色も変わってくるということです。